記事リスト

借金はどれだけ減るのか

財布

費用はどれぐらいかかるか

債務整理で個人再生を選ぶと、借金はどれぐらい減るのか、それは法律で定められた弁済額まで借金を減らすことができます。法律では、100万円未満だと全額返済、100万円〜500万円未満が100万円まで借金を減らせる、500万円〜1500万円未満が5分の1、1500万円〜3000万円未満が300万円まで借金を減らすことができます。例えば住宅ローンを除いた借入れ残高が450万円あるかたであれば、100万円まで借金を減らすことができます。しかし、100万円未満であると借金を減額することができないのです。100万円以上であれば借金を減額することができますが、120万円など借金がそれほど多くないケースで個人再生を選ぶと法律上は100万円の20万円減額できたことになりますが、これに弁護士費用を加えると余計にお金がかかってしまうことになります。そのため借金がそれほど多くない方は、任意整理を選び借金が多い方、目安としては300万円以上ある方であれば個人再生を選ぶ、債務整理の方針を選ぶひとつの目安となります。それでは、弁護士に個人再生を選ぶとどれぐらいの費用がかかるのか、おおよそですが30万円〜50万円ほどかかります。裁判所に申し立てをすると申し立て手数料として2万円かかります。再生委員が選任されると、裁判所によって異なりますが15万円〜25万円かかります。これだけ費用がかかりますので、借金額が大きい方が減額効果を期待して個人再生を選ぶのが有利なのです。