記事リスト

メリットとデメリット

男性と女性

制限無いので仕事が継続可

債務整理で個人再生の手続きを選ぶと、主に5つのメリットがあります。借金が任意整理をする以上に大幅な減額ができるだけでなく、将来利息もカットできます。ギャンブルや浪費などの理由で自己破産の免責不可事由に当たるケースであっても個人再生であれば減額の手続きができます。住宅ローンが返済途中の自宅であっても、その自宅を残したまま住宅ローン以外の借金だけを減額できます。車や保険などの財産を売却や解約せず残したまま借金の整理ができます。自己破産だと資格制限があり、一定の職業に就いている方はその仕事を辞めなければなりませんが、個人再生は欠格事由による資格制限がありませんので、保険の募集人や警備員、士業と呼ばれる仕事に就いている方もそのまま継続することができます。ただし、デメリットも存在します。信用情報に登録されるので5年から10年は新たにローンを組むことができなくなります。自動車も残すことができますが、ローン付きの場合残すことはできないです。継続した収入が条件であるため無職や専業主婦、生活保護者の方は利用できないので自己破産を検討することになります。債務整理の手続きの中では、トータルでの費用を考えると任意整理や自己破産よりも高額な弁護士費用がかかります。手続きに関しても一番大変です。しかし、ほとんどの方は弁護士に依頼をして個人再生をされています。借金は全額返済するのはもう厳しい、マイホームは残したい方に向いている手続きです。