記事リスト

借金全額返済が困難

お金

マイホームは手放さずに

現在、複数の金融業者からキャッシングやカードローンの借り入れをしているが、正直それらすべてのローンを全額完済すことが難しい、債務整理をしたいがマイホームはどうしても手放したくない、そういった方に向いている手続きが個人再生です。個人再生の手続きは、裁判所に申し立てを行い借金の元本を債権額の大きさによって最低100万円、300万円、5分の1、10分の1まで減額することができる方法です。個人再生は、民事再生法という法律により一定の条件を満たせば裁判所が認可し、住宅ローンを返済中のマイホームも残したまま他の借金を減額させることができる手続きです。任意整理であると過払い金がないと減額が期待できず、さらに債権者が同意しないと借金額ができないです。個人再生であれば、借金が300万円の人だと最低返済額100万円まで減らし将来利息もカットできます。原則3年で返していく再生計画案を裁判所に認可してもらえれば、債権者の同意が不要(給与所得者再生)で減額できるので、任意整理よりも強制力があるのです。個人再生の手続きは、債務者本人が一人申立てるか弁護士または司法書士に依頼して行います。この中で、弁護士に依頼をするのが圧倒的に多いです。個人再生に限らず債務整理を依頼するのにおすすめな事務所は、債務整理に力を入れているところです。全国対応しており無料相談可能な事務所であれば、債務整理の相談件数や解決実績も多くノウハウもあるからです。