記事リスト

借金はどれだけ減るのか

財布

個人再生でどれだけ借金額が減るのか、それは法律で決まっており、債権金額によって最低返済金額が最低100万円〜5分の1まであります。少額の債権額の人だと弁護士費用や裁判所費用を払ったら当初の借金額より増えることになるので、300万円以上の借金がある方が目安となります。

詳しく見る

申立における条件

相談

個人再生は自己破産とは違い、債務額を返済していくものであるため、収入が無いと認められません。債務額の減額が認められると、新しい債務額は一般的に債務総額の5分の1になります。また、サラリーマンは2種類の個人再生から、有利な方を選択できます。

詳しく見る

メリットとデメリット

男性と女性

個人再生は、借金額が大幅に減額でき将来利息もカット、資格制限がない、車やマイホームを手放さずに手続き、住宅ローン以外のローンだけ借金が減額できるメリットがあります。債務整理の中で一番手続きが難しいので弁護士に依頼が最適です。

詳しく見る

借金全額返済が困難

お金

現在抱えている借金を全額返すのがもはや困難なところまできている、そういった方は個人再生を検討することです。個人再生は、法律で最低返済金額が債権額によって決まっています。最低100万円〜債権額の10分の1まで減らすことができます。

詳しく見る

WEBから相談予約できる

貯金箱

債務整理を弁護士に相談したい場合は、電話やWEB等から面談の予約ができます。無料相談できるところを選びます。個人再生で債務整理の手続きを行っていく場合、弁護士依頼から申し立て、そして再生案認可され返済開始まで6か月〜8ヶ月程度かかります。

詳しく見る

取引期間が短い方は

メンズ

任意整理以外の方法で解決

債務整理はいくつか種類がありますが、一番短期間で解決できる方法が任意整理です。裁判所を介しませんので、債権者の金融業者と債務者との間に入った弁護士が交渉をしてくれ減額を行ってくれます。しかし、取引期間が短いと過払い金があったとしても減額が期待できないのでその効果は微妙です。ただし、任意整理のメリットとして効果が大きいのは将来利息のカットです。ここ近年でカードローンやキャッシングを利用した方は、法律の範囲内の金利であり違法な金利で発生した利息は払っていませんから、減額はできなかったとしても今後利息は発生しないです。任意整理の手続きをせずにこのまま継続して支払っていたら任意整理をしない場合と比べるとトータル支払い金額が大きく違います。しかし、当初任意整理の方針であったが将来利息をカットしても借金返済が困難で解決が難しいとなった場合には、他の債務整理で検討をする必要があります。そこで個人再生です。個人再生も任意整理と同様に借金を減額して原則3年で残った借金を返済していく債務整理ですが、大幅に減額できる金額が違います。そもそも取引期間が1年〜2年程度しかない人だと、利息の支払いもそこまで多くなくさらに将来利息をカットされてしまったのでは債権者としては赤字です。任意なので交渉に応じてくれないこともあります。個人再生で、利用条件は厳しくなりますが給与所得者再生を選べば債権者の同意が不要の個人再生ですので減額に成功することができます。